2014年02月05日

【トマトの話】


2月4日。今日の丸福農園は雪景色になりました。

そうは言っても、その前日まではとても暖かく、日差しは12月頃の赤みを帯びたものから白い強い光に変わってきています。
トマトもこの光の変化を敏感に感じ取って、日に日に表情を変えていっています。

日差し.jpg


さてさて、今日はトマトの栽培のことを少し書いてみたいと思います。
(トマトを栽培された経験のある方は「知ってるよ〜」という内容かもしれません)
下の写真は現在のトマトさんです(2日前くらいに撮った)

トマトの樹.jpg

判りやすいように番号を符ってありますが、今このトマトの樹は収穫間近の@から開花前のFまでの荷物を背負っています。
Fの上に葉っぱが出てきて、さらにG、H番と次々と花が咲き、実が成っていくわけですね。
これが延々と繰り返される。

この時期はトマトにとっては一番過酷です。
というのは、11月から1月は低温で低日照。
特に日差しの部分は【底】です。
太陽が好きなトマトにとっては嫌な時期でしょう。

その時期にこれだけの果実を成長させる上に、次の【葉】、次の【花】を育て、そして自分を支える【根】を維持しなければなりません。

その手助けをしてあげるのが、私たちの仕事。
時にはこんなにたくさんの果実をつけてしまいます。

たくさん.jpg

もったいないようですが、負担が大きすぎないよう不要な果実は切り落とします。
そうすることで、【根】も【葉】も維持しつつ、残された果実に養分を集中。
大きな果実に成長します♪

デカい.jpg

そんな風にして、6月まで収穫は続きます。


posted by 丸福農園 ぐりたろう at 00:55 | 栃木 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。